精神科で勤務した際の待遇(給料)





待遇と給料

近年、精神科では男性の看護師も増えてきています。
興奮の強い患者様に薬を打って鎮静させる場面などでは、男性看護師が活躍します。
そのため、多くの病院で女性看護師と男性看護師がそれぞれの特徴を生かし、協力して、ケアの充実および向上を目指しています。

精神科看護師の働く待遇は、一般的に一般科の病棟にくらべて給料は安い傾向にあるようです。
それでも多くの看護師が精神科で働くことを希望し、人気のある病棟といえます。

例えば、一般病棟の内科や外科等ではモニターをつけた重症の患者様が多く入院しており、体力、気力、精神的集中が必要とされるため、 長く働き続けるのは厳しいとの声があります。
もちろん精神科にそのような能力が必要ないわけではありませんが、 一般科に求められる能力と精神科で必要な能力とは異なるため、一般科で限界を感じた中高年の看護師や、 ブランクが長く最先端の医療機器についていく自信のない看護師の再就職希望が多い現状があります。

医療の世界は日々変化しているため、一度現場を離れると復帰をためらう看護師も多いですが、 精神科は必ずしも最先端の医療機器の情報や手技が必要ではありません。 そのため、他の科に比べると精神科は働きやすい職場といえます。

また、精神科の患者様の多くは慢性の精神病であるため、病状が大きく変化することは少なく、 看護師の仕事も一般科に比べると穏やかで残業が少ないといえます。 そのため、家庭との両立や自分のスキルアップなど、仕事以外のプライベートを充実させている看護師も大勢います。

まれに急性期の患者様を多く入院させる病院がありますが、そこでの看護は他の精神科とは事情が少し異なります。 夜でも落ち着かず他の病室に入ろうとする患者様がいたり、継続的にいらいらしたり、「死にたい」と不安定になったり、 夜眠れないため何度もナースステーションに訴えにくる患者様もいます。

このように、その病棟の患者様の傾向や疾患、他職種との連携等により、大変な部分もありますが、 一般的に精神科では季節感や時間間隔を大事にするため、 クリスマス会などのイベントや朝のラジオ体操、運動など日常生活のイベントがたくさんあります。

精神科は一般科とは異なり、看護師は患者様と一緒にイベントを楽しみ、患者様の人生に寄り添うなどの人間的魅力が多い病棟といえます。




TOP主な仕事内容主な役割と現状注意しなければならないことやりがいと悩み-here-